FAP療法とは

FAP(Free from Anxiety Program / 不安からの解放プログラム)は、1999年大嶋信頼氏により発見され、2001年に治療体系が出来上がった心理療法です。過去のトラウマ体験によって引き起こされるフラッシュバック、不安や緊張、不眠などの症状の改善や、恐怖症、パニック障害や強迫性障害、依存症的欲求などの幅広い問題に対して効果があります。

対人恐怖や不安、緊張などの自分の性格と捉えてしまうような問題は、実は幼少期のトラウマが影響していることがあります。ですが、幼少期の出来事は忘れてしまっていたり、思い出すことが難しいことが多いものです。FAP療法は、トラウマ記憶を思い出すことなく欠けてしまった感情を統合していくことができるため、短期間に安全に問題にアプローチしていくことができます。

FAP療法の特徴

苦痛なくトラウマ治療をすることができます

過去のトラウマからの影響から解放されるためには、トラウマのショックによって解離した感情をその出来事と統合し、「セピア色の思い出」として脳のあるべき場所にしまう必要があります。しかし、それを言語化して再体験しようとすると時間がかかったり、苦痛が伴うことも多くあります。FAP療法は、再体験したりトラウマを思い出す必要がないので、短期間で問題にアプローチすることができます。

「共感」によって感情を統合します

FAP療法は脳の共感反応(ミラーニューロン)を利用した心理療法です。
そのため、思い出すことのできないトラウマの問題も、ミラーニューロンを通じて感覚を捉えることができ、的確にトラウマ治療を行うことができます。
カウンセラーは、クライアントさんのトラウマ体験に共感し、同じ苦しみの感情の波長を出すことで、苦しみの感情を打ち消していくことができます。トラウマ記憶と感情が統合していくことによってストレスに適切に反応できるようになり、自分が楽だと思える選択ができるようになっていきます。

カウンセリングでは

FAP療法は常にバージョンアップをし続けています。カウンセリングでは、ご相談内容に合わせて、いくつかのバージョンを組み合わせてアプローチさせていただきます。

FAP ver.X (心に聞く)

「心(無意識)に聞く」は現代催眠の技法を簡単に誰でも使うことはできないか?という大嶋先生の発想から生まれました。
意識(判断)の世界に生きていると、世間、親、友人、先生、同僚などの「誰かにとっての正しい/間違っている」という基準で判断をしてしまいがちです。
ですが、そんな「誰かにとっての正解」を自分に当てはめた結果、そのことが生きづらさに繋がっていることも多くあります。
意識の世界に溢れる情報が「大量生産のスーツ」だとしたら、無意識の教えてくれる言葉は「自分の体にぴったり合ったオーダーメイドのスーツ」のような感覚です。
無意識のなかには、「快」「不快」しかありません。
心(無意識)に聞くことで、どうすれば「自分」にとって心地よい展開になっていくのかがわかっていきます。

FAP ver.α (遺伝子コード)

遺伝子コードを唱えるというアプローチは、生きづらさの原因は遺伝子とホルモンにあるのではないかという発想から生まれました。
トラウマなどの何らかの原因によって本来の状態ではなくなってしまった遺伝子を、「○○の還元」と7回1セットで唱えていくことで元の状態にもどします。
一見意味のない言葉のように感じますが、自分の症状にぴったり合った遺伝子コードを唱えると、不思議と今までの症状が落ち着きます。
遺伝子コードは唱えれば唱えるほど定着するといわれています。
唱える時は必ず目を開けて行なってください。

FAP ver.13(トラウマ治療)

FAPの最新のバージョンです。
記憶にある・なしに関わらず、現在の症状の原因となっている記憶にアプローチします。
トラウマの記憶を想起したり再体験する必要はなく、とても負担の少ない治療です。
カウンセラーが指定した言葉を、目を閉じて頭の中で唱えていただきながら、カウンセラーの唱える言葉を聞いているだけになります。

ご予約・お問い合わせはこちら。営業時間10:00-18:00(木・金・祝日除く)

ご予約・お問い合わせ